柔らかい NIKONニコン ED800㎜F8 レンズ(単焦点)

現在、クラシックの最有力候補に挙げられているのがマカヒキ。新馬戦と若駒Sを人気に応えて快勝。その後の皐月賞トライアル・報知杯弥生賞では2歳王者リオンディーズ、エアスピネルといった強敵と激突。重賞初挑戦だったが、ゴール直前で前を行く2頭を交わして勝利、一躍主役に躍り出た。能力の高さはもちろんだが、もう一つ注目されていることがある。それは新馬線→若駒S→弥生賞を全勝していること。これは父であり偉大な名馬であるディープインパクトと全く同じローテーションなのだ。ディープインパクトはここから無敗でクラシック3冠を制覇。このことから「ディープの再来」とまで言われている。

タントリュクス ソープandオイル 2セット しゅう様専用

★オーダー可!●超ワイド引出4杯キャビネット●シャビーホワイト無垢材●受注製作
母:ウィキウィキ
【極暖!希少海外限定】ノースフェイス キャンプアウトドア用ダウン メンズXL

主な勝鞍:報知杯弥生賞(G2)

柔らかい NIKONニコン ED800㎜F8 レンズ(単焦点)

弥生賞でマカヒキに負けリベンジを誓うリオンディーズ。父はダービー馬のキングカメハメハで母は日米のオークスを制した名牝シーザリオである。半兄にジャパンカップを勝ったエピファネイアがいる。新馬戦を勝った後、1戦1勝のまま朝日杯FSへ出走。人気はエアスピネルに譲ったが、最後方から追い込んで勝利、見事2歳王者に輝いた。弥生賞ではマカヒキに負けてしまったが、ミルコ・デムーロ騎手は「先頭に早く立ってしまい、物見をしていた。休み明けもあってか元気すぎてかかってしまった。」と話しており、決して悲観する内容ではなかったようだ。
マカヒキ同様、無敗でクラシックに参戦するサトノダイヤモンド。この馬はなんと2億5000万円で取引された超高額馬!!同じ価格のロイカバードとは新馬戦で激突し、ファンの間では「5億円対決」と言われた。前走のきさらぎ賞では2着馬に3馬身以上の差をつけて勝利。鞍上のクリストフ・ルメール騎手はマカヒキの主戦でもあり、本番どちらに騎乗するか注目を集めたが、弥生賞の後日サトノダイヤモンドへ騎乗することが発表された。最高の相棒を背にどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか注目だ。

サトノダイヤモンド

父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen

主な勝鞍:きさらぎ賞(G3)
カローラ ルミオン MODELLISTA マフラー

W-NIKKOR・C 2.8cm F3.5 ライカLマウント

父:マツリダゴッホ
母:マツリダワルツ
BDP-S6700

主な勝鞍:新潟2歳S(G3)
クラシック第1戦・皐月賞への出走予定馬は以下の通り。
マカヒキ(川田)
サトノダイヤモンド(C・ルメール)
リオンディーズ(M・デムーロ)
ケユカ 2-2.5人掛けソファ
エアスピネル(武豊)
ウィンドブレーカー
ハートレー(戸崎)
マウントロブソン(未定)
ナムラシングン(未定)
マイネルハニー(柴田大)
レプランシュ(内田博)
★各部モルト貼り替え済み・美品★ ニコン F2 アイレベル ボディ #8397

SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO ペンタックス用

カネボウ フェースアップパウダー<ミラノコレクション2020> 24g