特別オファー ヘネシー エクストラ金キャップ グリーン 700ml ブランデー

現在、クラシックの最有力候補に挙げられているのがマカヒキ。新馬戦と若駒Sを人気に応えて快勝。その後の皐月賞トライアル・報知杯弥生賞では2歳王者リオンディーズ、エアスピネルといった強敵と激突。重賞初挑戦だったが、ゴール直前で前を行く2頭を交わして勝利、一躍主役に躍り出た。能力の高さはもちろんだが、もう一つ注目されていることがある。それは新馬線→若駒S→弥生賞を全勝していること。これは父であり偉大な名馬であるディープインパクトと全く同じローテーションなのだ。ディープインパクトはここから無敗でクラシック3冠を制覇。このことから「ディープの再来」とまで言われている。

JUNON 1992 春の特大号

ヘンタイプリズン 初回限定版
母:ウィキウィキ
ハイダ for Sigma 12-24mm F4.0 DG HSM Art

主な勝鞍:報知杯弥生賞(G2)

特別オファー ヘネシー エクストラ金キャップ グリーン 700ml ブランデー

弥生賞でマカヒキに負けリベンジを誓うリオンディーズ。父はダービー馬のキングカメハメハで母は日米のオークスを制した名牝シーザリオである。半兄にジャパンカップを勝ったエピファネイアがいる。新馬戦を勝った後、1戦1勝のまま朝日杯FSへ出走。人気はエアスピネルに譲ったが、最後方から追い込んで勝利、見事2歳王者に輝いた。弥生賞ではマカヒキに負けてしまったが、ミルコ・デムーロ騎手は「先頭に早く立ってしまい、物見をしていた。休み明けもあってか元気すぎてかかってしまった。」と話しており、決して悲観する内容ではなかったようだ。
マカヒキ同様、無敗でクラシックに参戦するサトノダイヤモンド。この馬はなんと2億5000万円で取引された超高額馬!!同じ価格のロイカバードとは新馬戦で激突し、ファンの間では「5億円対決」と言われた。前走のきさらぎ賞では2着馬に3馬身以上の差をつけて勝利。鞍上のクリストフ・ルメール騎手はマカヒキの主戦でもあり、本番どちらに騎乗するか注目を集めたが、弥生賞の後日サトノダイヤモンドへ騎乗することが発表された。最高の相棒を背にどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか注目だ。

サトノダイヤモンド

父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen

主な勝鞍:きさらぎ賞(G3)
EVF-11 : SIGMA fpシリーズ専用 外付け電子ビューファインダー

CMCペンダント【D型】【電磁波吸収炭素繊維 カーボンマイクロコイル】

父:ディープインパクト
母:ウィキッドリーパーフェクト
母父:Congrats

主な勝鞍:ホープフルS(G2)

B0733【新品未開栓】COURVOISIER NAPOLEON クルボアジェ

父:マツリダゴッホ
母:マツリダワルツ
Si-Si-Si comfort スースースー 新品未使用デニムジャケット

主な勝鞍:新潟2歳S(G3)
クラシック第1戦・皐月賞への出走予定馬は以下の通り。
マカヒキ(川田)
サトノダイヤモンド(C・ルメール)
リオンディーズ(M・デムーロ)
組曲/kumikyoku セレモニーワンピース ラベンダー 新品 120130
エアスピネル(武豊)
C335 MARNI マルニ バレリーナ ドット柄ワンピース 14Y
ハートレー(戸崎)
マウントロブソン(未定)
ナムラシングン(未定)
マイネルハニー(柴田大)
レプランシュ(内田博)
FUJIFILM instaxmini セット売り!フィルム40枚付き 箱付き

ルイ13 世 バカラ

30プリウス 純正エンジンスターターフルセット